研修会・企画のご案内

2017.07.02
2017年9月3~4日 第20回経営懇夏季セミナー

第20回夏季セミナーを9月3~4日に開催します。

テーマは、「子どもたちの豊かな育ちや学びを保障する保育とは-保育指針改定の中で子どもの権利・主体の保育を貫く道を探る」

今回は、保育指針改定問題を現場の実践の課題と重ねて考えます。また、2日目には、憲法改正問題について、憲法学者の清水雅彦さん(日本体育大学教授)をお招きし記念講演としてお話をお聞きします。ぜひ、ご参加ください。

日  時 2017年9月3日(日)13時~9月4日(月)12時30分終了

会  場 新横浜国際ホテル(新幹線新横浜駅下車、徒歩3~5分)

参加費 会員園 8,000円 (会員外10,000円)

申込締切 8月14日(月) *郵便振込用紙に必要事項を記入の上、お振込みください。

案内書はこちら>>>20夏季セミナー案内書

内  容

1日目 フォーラムどうなる?子どもと保育-保育指針改定のねらいと私たちの課題

報告1保育指針改定の問題点と私たちの保育運営・実践 近藤幹生さん(白梅学園大学) 
【略歴】1953年東京都生まれ。1978~2004年、長野県・山梨県・千葉県で私立保育園保育士・園長を経験。現在、白梅学園大学教授。専門は保育学・保育史。 

報告2改定学習指導要領の問題と対抗軸としての実践 渡辺雅之さん(大東文化大学) 
【略歴】公立中学校の社会科教員として22年間勤務したのち、大学で教職を目指す学生の指導にあたる。ヘイトスピーチのカウンターなど路上に出る研究者でもある。専門は道徳教育、生活指導。

コーディネーター 杉山隆一さん(大阪保育研究所)

2日目 活動交流 自治体の動きや民間保育園の運営について、各地から報告します。

記念講演 『一人一人が大切にされる社会を子どもたちに手渡すために~私たちに今できること』

日本国憲法施行70年の今年、憲法の在り方が改めて問われています。憲法の意義や改憲の動きの問題点をふまえ、私たちがどのような運動を展開していくのか、考えあいます。 

講師:清水雅彦さん /(日本体育大学教授・憲法学)
【略歴】1966 年生まれ。 日本体育大学准教授/憲法学・明治大学軍縮 平和研究所特別研究員・日本民主法律家協会 常任理事。専攻は憲法学。主たる研究テーマ は平和主義・監視社会論。