お知らせ・新着情報

2016.04.22
熊本地震救援募金~熊本の保育の仲間に支援をお願いします

4月14日以降続いている熊本地震は、余震の規模の大きさや回数の多さなど、今後の予測がつきにくい状況が続いています。そのような状況のなかで、保育を続けている熊本のみなさんを支援する救援募金が呼びかけられています。募金は、熊本保育連絡会に送り、関係の保育園等で役立てていただく予定です。

熊本地震 救援募金の送付先(通信欄に「熊本地震救援募金」と明記してください)
郵便振替 番号 00110-8-117536 
加入者名 全国保育団体連絡会

会員園の状況

●熊本・さくらんぼ保育園(4/20建川園長の話)
園舎・職員・子どもはとりあえず無事。九州・全国のみなさんからの支援のおかげで、毎日物資が届き、物資は足りてきている。
一時は、70人程の被災者を園に受け入れていたが、今は10人程の方が残るのみ。ただ、朝、昼、晩の炊き出しは行っており、地域の人が食べにきている。水、ガス、電気はとおっているため、21日から保育を再開する予定。

●熊本市・ひまわり保育園(4/19大滝園長の話)
園舎にひびが入り、モノが落ちて、散乱した。水とガスがまだ止まっている。生水は飲めないが、スーパーには水や食べ物がない状態。家庭によっては、避難所や車中で生活している子どももいる。子どもを受け入れたいが、いつ再開できるかわからない状況です。

●八代市・川岳保育園(4/20光永園長の話)
園舎の被害は少ないが、公民館や避難所に入っている職員や子どももいる。余震が収まる気配がなく、子どもを受け入れる上で不安がつきない状況が続いている。

 

救援募金呼びかけの全保連ニュース>>>news_gougai_kumamotojisin_2016.4.20

全国保育経営懇として、会員園にお見舞いをお送りしています。